アナと雪の女王のおせちが無いかと探していました・・・

毎年、おせちはデパートで購入していたのですが今年は子供受けするキャラクターものにしようと考えていました。

 

どーせなら子供達が大好きな「アナと雪の女王」がいいな〜と、あるかどうかも分かりませんでしたがネットで検索している時に見つけたのが紀分さんのオンラインショップでした。

 

・・・・ありました!!

 

アナと雪の女王のおせち」詰め合わせがヽ(=´▽`=)ノ

 

しかも、かなり可愛い重箱!人目で気に入っちゃいました。…おせちの中身も気にしなきゃだけど^^;

 

アナと雪の女王のおせち
↑クリックすると紀文オンラインショップを開きます。

 

 

色は2ブルーとパールの2色。迷いに迷ってブルーにしました。

 

 

…で、肝心の中身もさすが、紀文さんです。おせちの定番の具材はもちろんですが、嬉しい一品なども結構入っていて賑やかです。しかも、かなり美味しそうです。

 

壱の重には紅白の蒲鉾、栗きんとん、伊達巻、錦玉子、田作り、丹波黒豆、祝海老、味付数の子、アナと雪の女王のオリジナルクッキー。

 

弐の重には紅白なます、いくら醤油漬、昆布巻き、日南鶏西京味味噌焼、数の子昆布菊花和え、厚焼玉子、ぶり照焼、煮しめ 梅型人参、煮しめ ふき、煮しめ ごぼう、煮しめ 高野豆腐。

 

全部で17種類、21品が入ったおせちが楽しめます。

 

具材は各々、個別に包装されて届くので、子供達と一緒になっておじゅうに詰めるのも楽しいですよね!!

 

いつもは捨てちゃうけど、この重箱はとっても可愛いので遠足や運動会の時などのお弁当箱としても使えるかなと思います^^

 

重箱が汚れないようにクッキングシートなどを使えば小物いれとしても良さそうですしねー。

 

 

 

ここでしか通販できない「アナ雪」おせちが数量限定で登場!
紀文オンラインショップ
http://www.kibun-shop.com/SHOP/830.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜アナと雪の女王とおせちにまつわる管理人コラム〜
・アナと雪の女王の世界の美しさ
アナと雪の女王は今年、日本で大ヒットしましたが、公開されてから、劇中でかかっている曲やEDテーマなどを街でよく耳にします。それほどの大ヒットしましたし、映画はアナとエルサの姉妹愛のやりとりが美しいですし、2人とも全然違った性格をしているのも素敵だなと思います。アナは比較的に楽天家で、周りを明るくする雰囲気がありますが、エルサはその反面、周りに雪の女王とバレないように過ごしていたこともあり、ネガティブな印象があるので、そういった正反対の姉妹がどうやって昔のように仲良くなっていくかが面白かったです。

色々な困難を越えて、エルサの心を開かせようと城を飛び出し、旅で色々な困難を乗り越えてエルサに会いに行くアナの強さがとても素敵でした。雪の女王という事で、映画では氷の世界がとても美しく、オラフが出てくるシーンや、エルサが氷のお城で、歌うシーンなどがとても印象的で、美しい世界に引き込まれるので、話も面白いけれども、何よりも世界観がとても素敵で、いくら見ていても飽きないくらいです。これから冬になっていくので、アナと雪の女王のグッズをよく見かけるようになりました。

氷の結晶とか、青とか水色の雰囲気が見ていてとても冬らしいので、グッズがとても欲しくなります。歌も素敵でアニメーションも素敵で、本当に何度見ても楽しくて、美しくて。素晴らしい映画に出会えて良かったです。

 

・アナと雪の女王の人気
ディズニー映画というものが元々苦手というか、敬遠していました。しかしアナと雪の女王が公開されるとなった際の、エルサの歌だけの予告はかなり気になっていました。同期の女の子2人に誘われたこともあり、せっかくだからと観てみることにしました。

結果、元々観たがっていた同期2人よりも感情移入して、映画開始早々に泣いてしまいました。中盤、終盤においてはディズニー特有の綺麗な終わり方に向かっていて、特に感動的なシーンがあるわけではないのですが、完璧な勧善懲悪ですので安心して観ることができました。結婚式の余興でもよくモチーフにされているようで、動画をいくつか見たことがあります。本気の歌から、ちょっとしたネタのものまで、応用しやすいようです。グッズなどの売れ行きもすごいようでよく見かけます。期間限定でケーキ屋さんとコラボしてるものなんか、とても気になっています。

しかし、本屋さんで絵本を見かけた際に、表紙などがボロボロになっていたのは不快でした。子供たちが喜んで手に取るとはわかるのですが、買わない商品を好きにさせるのは問題ですね。人気が出過ぎると様々な問題も起こりますが、是非マナーを守って楽しんでいきたいですね。

 

・おせちは手作りか通販か・・
子育て中の私にとってのここ最近の不安はやはり、おせちを手作りするかどうかなのだ。手作りはおいしいし、味の調節がきくから、便利だし、たくさん作った分食べることができる。だけど、おせちをつくる前に大量の材料購入とお料理を作るまで相当の時間がかかることなんだよね。どれを買ったらいいか、急にわからなくなってくるんだけど。作るのは、私の場合だいたい3日前かな。

でも、結婚してすぐはあまり作れていなかったけど、その次の年から、重箱をもらったのでとりあえず頑張って全品作ったら、一日中ずっとキッチンに立ちっぱなしでものすごく辛かった。その分の手間をかけているから、いいんだろうけどね。イオンやオリジンでおせちの予約も始まってるし、ヨーカドーも高級なおせちもテレビでいってたから、正直気になるんだよね。

ただ三万こえたおせちもあるから、すごくびっくりして、申し込み書類を書くことをためらってしまった。あと、最近楽天で話題のおせちもあって、ボリュームもあるし、味も高評価らしく、ますます気になるが、以前おせちでよくない事件があって以来、怖くて頼めなくて。でも、年末年始をゆっくりできるから、購入してみてもいいよね。

 

・お重に詰まるおせちと年月
一年で一番最初に口にするもので一年の食事が有意義な健康的なものになるか、ジャンクなものに偏るか決まってしまうわけではありませんが、ちょっとだけ気にしています。毎年、最初に食べるものはおせち、その中でも昆布巻きと決めています。

昆布巻きは毎年自家製です。前日に北海道産の昆布を水で戻し同じく北海道産の身がきニシンと地元の野菜を巻き込みます。味は日持ちを考えず薄めで主に昆布の風味で楽しむようにしてあります。ずっと続く我が家の母の味です。
これを食べると気持ちが和らぐというか体が喜んでいる感じがするというか、とにかくいい一年が遅れそうな気がするのです。駄洒落の「よろコンブ」も気に入っていますし。

昆布巻きを食べたら、おせちをおかずにお雑煮です。

お雑煮のおつゆに蒲鉾と伊達巻をのせて、おかめ風のお雑煮にするのも私の定番です。そんなことをしていると今年も一年いつもと同じように始められたことが嬉しく、迎えた新年を去年同様無事に過ごせるかなと思えます。おせち料理は特別なお正月の料理ですが、それだけに、おせちを食べることで毎年毎年重ねてきた、これから重ねていけるであろう日々に思いをはせさせてくれます。お重の重は単に器の重ねではなく、重ねる月日が詰まっている気がします。